2006年12月27日

iBatis for Java 2.3.0 Released (Status Beta)

iBATIS 2.3.0がリリースされました。

前回のMLでの宣言のとおりPaginatedList、DAO FrameworkがDEPRECATEDになりました。
DAO FrameworkはSCMからも削除されたようです。

以下、リリースノートによる主な変更、修正。

o セッションスコープ内でのPreparedStatementのキャッシュ
o IBATIS-335 - QuryTimeOutがセットされていなかったら何もしない(以前は0をセットしていた)
o IBATIS-338 - NestedSqlExceptionのStackOverFlowの修正
o IBATIS-340 - 異なるCharsetのリソースの問題の修正
o IBATIS-353 - 継承関係にあるインターフェースの問題の修正
o IBATIS-366 - ResultObjectFactoryが子プロパティを作成する際の問題の修正
o IBATIS-367 - インナークラスでタイプハンドラーを私用した場合の問題の修正
o IBATIS-373 - SqlMapClientを作成する際にInputStreamを使用できるように改善
o IBATIS-374 - <resultMap>の定義で他のresultMapを継承した場合に対応するためエレメントが存在しなくてもOKになった。

今回のリリースで大きな変更は
PaginatedList、DAO Frameworkの廃止
PreparedStatementのキャッシュ
  sql-mapconfigのsettingsでstatementCachingEnabled (true | false)が指定できるようになった。
SqlMapClientを作成する際にInputStreamを使用できるようになった
  SqlMapClientBuilderにbuildSqlMapClient(InputStream)、buildSqlMapClient(InputStream, Properties)が使えるようになった。
<resultMap>の定義の変更
  <resultMap>の定義内に<result>要素が必須ではなくなった。

あと、iBATIS for Java 2.2.0 General Availabilityがリリースされました。
最近GAをつけるのがはやってるんですかね。Hibernateもそうですし。


posted by tfunato at 02:18 | コメント[0] | トラックバック[0] | iBATIS このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - iBatis for Java 2.3.0 Released (Status Beta)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※承認されるまで反映されません!
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。