2009年11月11日

Mavenと他のツールとの連携

実際の開発ではmaven単体だけで使われることはほとんどなく、mavenを複数のツールと組み合わせて使用します。
そのなかでもJava開発でよく使われているIDEのEclipseとの連携があります。
そのほかのIDEとしてはNetBeansや、最近、無償のコミュニティ版が提供された、IntelliJ IDEAもmavenと組み合わせることが可能です。

また、継続的インテグレーションツールとの親和性も高いです。


EclipseとMavenの統合



一番身近な例としてはEclipseとの連携です。

Eclipseのプラグインでm2eclipseというプラグインがあります。
これは、Eclipse上でMavenを使えるようにします。

主だった機能としては、mavenの設定ファイルであるpom.xmlを読み込んで依存関係にあるjarファイルを自動で取得してパスを通します。また、artifactIdと同じプロジェクト名のものがあればプロジェクト参照します。

その他、依存jarのjavaDocやソースコードをDLしてくれたりpomエディタなど便利な機能があります。

中でもPOMエディタは、依存関係を追加する際に該当するライブラリ名を補完したり、依存関係の一覧を表示できたりとかなり高機能です。

m2eclipseの対抗馬でEclipse IAM (q4e)というのもあり、両者ともEclipseの公式プラグインとなるべく提案されています。
http://www.eclipse.org/m2e/
http://www.eclipse.org/iam/
ただし、今後の展開を考えると、m2eclipseはSonatypeという会社(mavenのサポート、コンサルで稼いでいる?)が開発を行っており積極的に働きかけている関係上、OSSでやってるq4eは分が悪そうです。

See also:EclipseとMavenの統合についての比較

継続的インテグレーションツールとの統合



継続的インテグレーションツールとは、問題の早期発見などに主に使われていて、何度もビルドを行い、何度もテストをするという「確実なビルドを行う」ために使われているものです。CI(Continuous Integration)と呼ばれます。

See also:継続的インテグレーション

有名どころでは、

など、どれもmaven2をサポートしていて、mavenを連携させて簡単に設定を行うことができます。



posted by tfunato at 00:31 | コメント[0] | トラックバック[0] | Maven このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Mavenと他のツールとの連携
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※承認されるまで反映されません!
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。